月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメレビュー) 神様のメモ帳 第6話 「僕は負けそうだ」

kamisamamemo_ep06_01.jpg
ガチムチ男たちの戦いしか見れないなら絵だけでも萌え度アップアップってね(笑)
鳴海×4代目×錬次という男たちの挽歌的な漢の戦いしか無いので、ニート探偵のニヤニヤな絵でも見て癒されようと思った神様のメモ帳第6話。

神様のメモ帳 第6話 「僕は負けそうだ」


kamisamamemo_ep06_03.jpg
4代目「やったのは平坂錬次ってヤロウだ。――あいつがやったんだ」
もしかしたらじゃなくやっぱりなという感じに予想付き易い展開やね。

ということで神様のメモ帳第6話。

前回上野動物園で錬次と再会し、今話にはお試しじゃなくきちんとした友達関係になった鳴海。義兄弟の契も交わした上で、なんとなく錬次のかつての東京のダチが匂っていました。

もちろん展開もやっぱりなという感じで、案の定錬次のかつてのダチは4代目でしたよというオチ。

錬次が大阪弁なのは元々4代目が大阪から来たってのが元ネタなのね。錬次が始めた任侠モノ。そして今の平坂組をまとめたのも錬次。受け継いだ…というより受け持ったのが4代目ってことなのか。
kamisamamemo_ep06_04.jpg
アリス「せ、折角来たんだからドクペを3本持ってきたまえっ。ぁっ、きっ、君にじゃないぞ! ボクが全部一人で飲むからなっ」
なんだか最近ニート探偵というよりもただのツン→デレ探偵な気がするアリスたんw

後半ではかつてのダチが衝突の危機ということで、その間に立つ鳴海の苦悩が描かれているんだけど、肝心のニート探偵(キリッ)と称するアリスがあんまり活躍してない。

可愛さだけが売りでニート探偵ってレッテルがあまり表に出てない作品ってどうよw

今話なんかアリスが鳴海を心配して怒るシーンでギャルゲとかなら絶対抱き寄せて「大丈夫だよ」とか気の利いたセリフぐらい言えよ、とつい思ってしまったw

ここ数話思い返してもなんだか今話見たいなちょこちょこと可愛いアリスは見られるけども、萌え度自体はダダ下がりな気がしてならない(;´Д`)

kamisamamemo_ep06_05.jpg
4代目などに関わってからこっちガチ漢の戦いとかしか見てないし、次回も次回で身内のゴタ=男×男の戦いな予感がムンムンという罠w

いつになったらアリスのデレデレニヤニヤ展開になるんでs
関連記事

- 0 Comments

Add your comment

- 6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  神様のメモ帳 第6話 感想「僕は負けそうだ」
  • 神様のメモ帳ですが、鳴海と錬次は手を交差させてジュースを飲んで盃を交わします。動物園でシロクマが証人だそうです。四代目は錬次が犯人だと思っています。(以下に続きます)
  • 2011.08.18 (Thu) 22:53 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  神様のメモ帳 第6話 「僕は負けそうだ」
  • 再会した錬次と鳴海…。 お互いの境遇を話すうちに鳴海は友達になろうと言い出す。 すると錬次がして来たのは、義兄弟の盃!? ▼ 神様のメモ帳 第6話 「僕は負けそうだ」  錬次はかつて4代目とともに戦った盟友。 しかし約束を違えることになり 錬次は東京...
  • 2011.08.15 (Mon) 11:02 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
  •  神様のメモ帳 6話
  • 動物園で偶然再会、Destiny。 というわけで、 「神様のメモ帳」6話 兄弟杯(二回目)の巻。 例によって、仲間からの忠告をことごとく無視する鳴海君。 独断専行しては、危険な目に遭うばかり。 な...
  • 2011.08.15 (Mon) 01:01 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想)神様のメモ帳 第06話
  • 第06話「僕は負けそうだ」 電撃文庫原作のライトノベル『神様のメモ帳』の6話の感想 原作・・・4巻の内容・・・8話まではこの話みたいですね・・・ さて今回はどこまで話が動くのかな? 「...
  • 2011.08.15 (Mon) 00:52 | 黙々読書
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。