月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

(アニメレビュー) おまもりひまり 第12話「猫と優人と乙女の純情」(最終話)

(アニメレビュー) おまもりひまり 第12話「猫と優人と乙女の純情」(最終話)


omamori_ep12_01.jpg
お約束展開過ぎて逆にスッキリ(笑)
暴走緋鞠vsタマ&酒呑童子の最終決戦。暴走した緋鞠を討ち滅ぼさねばならない鬼切り役、優人が下した判断は…。おまもりひまり最終話ここに終結。

第12話「猫と優人と乙女の純情」(最終話)

おまもりひまり公式サイト
富士見書房|おまもりひまり
おまもりひまり - Wikipedia


omamori_ep12_03.jpg
覚醒優人の隠された力は凄いゾ!(笑)

暴走緋鞠を「愛の力」で暴走を止める。

「皆を守ろうとする力」により鬼切り役として覚醒。

ブーストさせた刀と緋鞠自身をもブーストさせるという主人公マンセーの力を発揮。

omamori_ep12_04.jpg
omamori_ep12_05.jpg
緋鞠が変身(笑)

悪を倒したぞ!やったね!


どうみてもご都合主義すぎます本当に(ry

おまけに最後には幼女妖のタマもハーレム入りして優人×9人ハーレムという偉業まで成し得てのハッピーエンド。
omamori_ep12_06.jpg
こんなトンでも終わり方だったけど綺麗に終えられたから良かった良かった。…と思っておこうw

それにしても最後だからか暴走緋鞠vsタマや、優人のブースト+変身緋鞠vs酒呑童子の戦いがイマイチ迫力が足りなかったのが残念。完全復活していない酒呑童子の呆気無さといったらボスとは思えないほど雑魚だったし(苦笑)

あと暴走緋鞠の力を吸い取って完全復活のタマの力も全然発揮されず、むしろ暴走緋鞠に主点においていたということなんでしょうが、それにしたって呆気無さすぎてラスボス度が低すぎと思ったのはきっと私だけじゃないはず。

こういうファンタジーで伝奇モノだとどうしても主人公側がトンでも力をもっているものですが、それにしてもラストがこうまで簡単にしてしまうと、折角優人を決死の覚悟で守ろうと暴走したのに、その決意とか悲しみが最後でぶち壊してしまっている訳だし。

暴走緋鞠を涙ながらに止める→覚醒優人→異能の力でパーティ強化→ボス撃破、なんて流れは当たり前ですが王道な訳で、この流れをどうやって展開してどうやって面白く楽しませるかが重要。

そうなるとどうしても今話の最終話では呆気無さ過ぎてハラハラドキドキな展開がまるでない。どうせなら主人公チームが絶体絶命でドキドキの展開になって、最後の力を振り絞って優人覚醒。皆で必死になってボス撃破、にしたほうが良かった。

…と言ってもこのアニメじゃそこまで出来ない+展開に無理があるということなんでしょうけどね。まぁ最後にはハーレムエンドになって優人はウハウハだよね良かったね、ということでw

omamori_ep12_07.jpg
PS:エンディングテーマの優人ソングは正直どうかと思う(笑)


~アイキャッチ~

omamori_ep12_02.jpg




関連記事

0 Comments

Add your comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  おまもりひまり 第12話「猫と優人と乙女の純情」(最終回)
  • なんともしまらない最終話でしたが…主人公が主人公だけに納得かな(ぇ タマちゃんはお稲荷様に(違 緋鞠は本性むき出しに …どっちもかわいくない~ 優人は暴走緋鞠を斬れず…抱きしめちゃったYO!! これで光渡しが発動、緋鞠がプリキュアに!(違 変身ヒ...
  • 2010.03.26 (Fri) 17:04 | のらりんクロッキー
この記事へのトラックバック