月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

(アニメレビュー) おまもりひまり 第11話「猫(ひまり)、護り刀として…」

(アニメレビュー) おまもりひまり 第11話「猫(ひまり)、護り刀として…」


omamori_ep11_01.jpg
ボス戦一歩手前に相応しい幕切れ。
九尾の狐タマの圧倒的な能力の前に為す術もない緋鞠たち。そんな緋鞠が見出した、たった一つの方法は人の心を捨て去って本来の妖になること…。優人の言葉を胸に刻みタマに挑む緋鞠は…。

第11話「猫(ひまり)、護り刀として…」

おまもりひまり公式サイト
富士見書房|おまもりひまり
おまもりひまり - Wikipedia


omamori_ep11_05.jpg
どう考えてもラスボスには到底敵わない空気だけどどうにかなっちゃうんだろうなぁ(苦笑)
おまひま最終戦。タマ&酒呑童子vs緋鞠。くえすやシズクらの力を借りてもタマの圧倒的な戦闘能力の前に為す術もない主人公チーム。

そこで緋鞠が見出した一つの方法が…いつぞやに暴走したあの力。

タマが優人の首を持ち上げ苦しめている姿を見て暴走しかけ、しかし優人の言葉で我に帰った緋鞠でしたが、野井原の里を最終決戦の場とした際には、自分の今の力では敵わないと悟った緋鞠は、自分を暗い闇の底に追いやり本来の妖の姿へと陥れ、対決しようと決心。

なんだか結局はそうなるのかと読めてしまっていたので、正直この展開はそれほど驚きもなにもなかったのが残念。まぁ主人公チームの中では一番の力があり、タマと対決する能力があるのは緋鞠だけですが、ここまで安易だと少々物語としての王道どころか冷めてみてしまっている自分がいるわけでw

今話は特にシリアス一辺倒で印象深いシーンが余り無いせいか余計にそう思ってしまったのかも。緋鞠が暴走することによりタマと対決できる、でも暴走した弊害でどうこうなっちゃうのだろうと予測出来てしまう。難しいねぃどうも。

今話で一番の見所というか感情移入しやすいシーンはやはり緋鞠の優人への思う気持ちを表した場面かなと。
omamori_ep11_04.jpg
優人から緋鞠には傷ついて欲しくない、そのままでいて欲しいと願ってくれたおかげで、その言葉だけで頑張れると笑顔で悟った緋鞠。

だからこそ、そんな優人を守るため自身を暗い闇へと落として本来の妖の姿になる緋鞠。次回はそんな暴走緋鞠とタマの対決ということになるんでしょうが、果たしてどんな結末になるのか…。

圧倒的に戦闘能力の差があるタマもですが、未だに戦闘らしい戦闘もない酒呑童子がどれほど強いのかも不明。最後はやはり緋鞠ではなく遅れてきたヒーローこと優人が覚醒してバッサバッサと力を発揮するんですかね(苦笑

ともあれ最終決戦。タマチームvs主人公チームの結末や如何にっ。

~OP~

omamori_ep11_02.jpg
これまでOPでは優人の部屋に凛子が尋ねると誰かしらと優人が寝ているシーンとなっていましたが、今話は最後?なのかハーレム状態に(苦笑


~アイキャッチ~

omamori_ep11_03.jpg


~次回予告~

おまもりひまり 第12話「猫と優人と乙女の純情」

omamori_ep11_07.jpg


関連記事

0 Comments

Add your comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  おまもりひまり 第10話 猫(ひまり)、護り刀として・・・
  • たまちゃん無双! みんなでかかってもフルボッコですよ。九尾の狐つえー! キャラ的にも(無口系ロリ金髪縦ロール)つえー! バトルシーンはせっかく妖怪大集合なんだからもっと連携アクションを見たかったお。
  • 2010.03.19 (Fri) 10:01 | 猫が唸る感想日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  おまもりひまり 第11話「猫(ひまり)、護り刀として…」
  • タマちゃんTSU・E・E・YO!! 前回同様一直線に突っ込んじゃう緋鞠たち。 飛んで火に入るなんとやら、横綱と新弟子が相撲取るようなもんです。 束でかかってもタマちゃんにこてんぱんにのされ こんな弱いヤツ食べたくないと言われる始末。 優人が覚醒しないと勝ち?...
  • 2010.03.18 (Thu) 23:15 | のらりんクロッキー