月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメレビュー) おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」

(アニメレビュー) おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」


omamori_ep08_01.jpg
原作知ってるとはいえくえすの乱心っぷりにはガクブルしたっていう(苦笑)
前半は緋鞠のネコ攻撃、後半はくえすの乱心攻撃で今話も色んな意味で優人が翻弄されちゃうおまひま8話。

第8話「Curiosity killed the cat」
脚本:長谷川勝己 絵コンテ:ウシロシンジ 演出:鬼原守
作画監督:鬼原守/磯野智 総作画監督:織岐一寛/烏宏明


おまもりひまり公式サイト
富士見書房|おまもりひまり
おまもりひまり - Wikipedia


ツンデレ巨乳お嬢様ここに極めりっ
omamori_ep08_03.jpg
今話は前半は緋鞠回。後半はくえす改めツンデレお嬢様な回。

前回緋鞠はくえすにしてやられ傷を負って帰ってきたのですが、その際に受けた魔力が体内に淀んでいるということで秘薬を飲んで回復させようとする緋鞠。しかしその秘薬にはマタタビ成分が入っているということで瞬く間にネコ化してしまい優人に襲いかかってくる始末w

そんな嬉しい悲鳴を上げたい優人でしたが緋鞠が傷ついていると知っていた優人は、誘惑に負けず暴れないよう羽交い絞めにして一夜を共に。結果、優人も傷だらけになってしまいましたが、回復した緋鞠に褒美のキスを貰ってやっぱり嬉しい優人コンチクショウ(苦笑

そしてそんな後にくえすを尋ねた優人。

まずは緋鞠にしたことの手痛いお礼を言い、そして自分の力を欲っしていること、自分たちとは関わらないでくれと追求する優人。最初はくえすも黙って聞いていました…が、堪忍袋の緒がキレたのか突然襲ってくるくえす。ここで主人公死亡!? かと思いきや優人の鬼切り役の力なのかくえすの刃を跳ね除け、くえすごと窓の外に放り出してしまいます。
omamori_ep08_04.jpg
そんな時、脳裏に浮かんだのは幼い頃くえすと約束した記憶…。

今は鬼切り役として妖は倒さないと誓った優人でしたが、幼い頃、くえすと出会っていた頃はその逆で、むしろ妖を対峙することにやる気を満ちていた優人。

そんな記憶を取り戻し落胆し涙する優人。そして、窓の外に落ちたと思われたくえすは無事で、優人が記憶を取り戻したこと、わざと襲って力を発揮させたことを漸く話すことに。
omamori_ep08_05.jpg
…結局くえすは昔の幼馴染+許嫁という間柄を今でも思っていて、前回言っていた約束というものが一緒に妖を退治しようというものだったことを告白するんですが、前回とは打って変わってツンデレお嬢様に大変身しちゃうくえす(苦笑

最後には優人を探しに来た緋鞠にも言われていましたが今更のツンデレに優人も色んな意味でタジタジにw 私がほとばしる性欲処理の相手をしてさしあげますわ!だなんて言われた日には優人じゃないにしろ負けそうになりました(苦笑

omamori_ep08_06.jpg
…そしてEDに垣間見える新たなる敵。果たしてその相手とは…? というところで次回。


~アイキャッチ~

omamori_ep08_02.jpg


~次回予告~

おまもりひまり 第9話「猫鳴く忍び寄る闇」

omamori_ep08_08.jpg



関連記事

- 0 Comments

Add your comment

- 3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  おまもりひまり 第08話 Curiosity killed the cat
  • お守りのせいで記憶が消えていたとはいえ、これは優人が悪いね、うん。そりゃあくえすは昔の約束通りに優人を求めるわなぁ。ていうか、とっても一途なヤンデレさんで良いですねぇ(*´д`*)
  • 2010.02.26 (Fri) 10:28 | 猫が唸る感想日記
この記事へのトラックバック
  •  おまもりひまり 第8話「Curiosity killed the cat」
  • 緋鞠ちゃんのぴんくおぱんちゅ強調しまくり(^_^;) シリアスになりそうでならないのがこの作品? バトルのダメージ回復に秘伝の丸薬を服用の緋鞠ちゃん。 マタタビ入りとは なぜえっちいモード全開(笑) 某作品で出番なかったぶん?あみっけ大熱演。 …付き合っち...
  • 2010.02.26 (Fri) 09:24 | のらりんクロッキー
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。