月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

(アニメレビュー) 化物語 第十四話「つばさキャット 其ノ肆」(Web配信)

(アニメレビュー) 化物語 第十四話「つばさキャット 其ノ肆」(Web配信)

化物語 - 西尾維新アニメプロジェクト
化物語 - Wikipedia

化物語 第十四話「つばさキャット 其ノ肆」(Web配信)

化物語 第十四話「つばさキャット 其ノ肆」本編配信 | 化物語 - 西尾維新アニメプロジェクト

~あらすじ~

阿良々木暦は、羽川翼を救う方法を見出すため、二人で忍野メメの元を訪れる。しかし何故か煮え切らない態度を取るメメ。阿良々木は、そんな彼からある事実を打ち明けられる。


bake_ep14_01.jpg
待ちに待った化物語14話と全員集合にワクテカが止まらないっていう。
三ヶ月越しで漸くお出ましとなった化物語最新話の14話。前回の13話では羽川が猫の怪異に乗っ取られる、通称ブラック羽川になってしまいましたが、そんな羽川を元に戻すべく我らが主人公何良々木(失礼カミマミタ)が奮闘するというのが今話の主軸。

しかし頼みの綱の忍野は煮え切らない態度であまり動かない。おまけにもっとも有力な手だった忍ことキスショットが家出をしてしまったと聞き暦は彼女を探し羽川を元に戻そうと動き出すのですが…。

待望の14話。されど解決には人情友情愛情が拮抗してしまって…? そんな暦の奮闘記14話のレビューは続きからどぞー。

▼「化物語レビュー」は以下より

bake_ep14_02.jpg
アバンタイトルでは久々に見る人にも優しい説明チックで始まる羽川→ブラック羽川のくだりで議論する暦と忍野の二人。以前の原因は家族関係のストレスからなるものでしたが、今回それを指摘してもお茶を濁すかのようにとぼけ、おまけに羽川を元に戻す一番の効力を発揮する忍ことキスショットが一人旅に出て行ってしまったのを言わなかった忍野。

ブラック羽川の再来。お茶を濁す忍野。そして忍の不在…。果たして暦は羽川を元に戻すことができるのか…というところでOP。

今話のOPは新主題歌ということで羽川の中の人が歌っている…んですが、外見はなんと実写(男?)のOP仕様というトンでもOPに(汗
bake_ep14_03.jpg
自重せよってアンタが自重しろよと(苦笑)
実写+羽川ボイスの新OP。時たま「自重せよ」というフレーズが出てくるんですが、ホントに自重せねばならない実写の裸が出ていたりとかなり危険なOPの仕上がりになっていましたw 歌は大変に素晴らしいものなのに勿体無い(苦笑)

作詞にmeg rock。作曲・編曲に神前 暁。この黄金タッグは前OPのひたぎなどと同じお二人だったので聞いた瞬間しびれさせて頂きましたw 化物語はOPないしEDとかなり出きの良いものなのでフルソングが楽しみになってきました。…でも実写OP自重(笑)

っと、そんな自重OPを経て本編。

bake_ep14_04.jpg
一人旅へと出て行った忍を探すため町に繰り出した暦。しかし行く宛も探す場所も見当たらないということで、友達のいない暦は怪異関連で知り合った旧知全員に連絡を取ることに。

久々の阿良々木→何良々木という誤字間違いでカミマミタという真宵を始め、なぜかお色気ムード満点な中学生の撫子、並んでいる子供を見て見ぬふりをしながら突然全裸になろうとする駿河、そして我らがツンデレヒロイン「勘違いしないでよね別に阿良々木くんのことが心配じゃないんだからー(棒読み)」をするひたぎなどなど、待ちに待ったヒロイン勢全員に声をかけて忍を探す暦。

しかし待てど暮らせど忍の姿は見つからない。ひたぎたちからの連絡も無し。さてどうする…、としたところで現れたのは…現在怪異最前線な羽川ことブラック羽川。
bake_ep14_05.jpg
また襲われるのかっ…と思いきや、ブラック羽川曰く「もうお前らに危害は加えない」とのこと。訝しげる暦でしたが、そこは持ち前?のエロフェチズムで羽川のビックでタプンタプンな胸を見たり、「なにぬねの→にゃににゅねにょ」にわざと変換させて言葉を言わせるなど、相変わらずのダメ主人公っぷりを発揮する暦(笑)
bake_ep14_06.jpg
ブラック羽川からそんな暦の手伝いをすると言い出され、前回の羽川との自転車ふたり乗りと同じようにたわわで大きな果実を背中に感じてビリビリされるなど、相変わらず三枚目+変態主人公阿良々木暦。

しかしそんなギャグとハイセンス?な展開のあとには、いつも通りのシリアスシーンも。
bake_ep14_07.jpg
「怪異は怪異。人間は人間。一緒にはならない。何があっても相容れない」
「(慣れたと勘違いした暦が自分たち怪異と)友達感覚で接せられたらいい迷惑」

吸血鬼に出会って始まった暦の物語。そして蟹。蝸牛。猿。蛇と出会っていき”慣れたと勘違いする”暦に一言物申すブラック羽川。

そして最たる進言は「なぜ忍が出ていったのか分かっているのか?」という質問。

怪異として接さずに堕ちた吸血鬼、ただの子供だと思ってきた暦。それを指摘するとブラック羽川はそうかもしれないしそうでないかもしれないと言葉を濁す。暦は結構感のいい、というか頭の切れるところがあるんですが、こういった人(+怪異)との接し方がダメ主人公ばりにダメダメなので、結局はブラック羽川に二度も「鈍感」と言われてしまう始末(苦笑)

そして、最も鈍感たるダメ主人公暦が、勘違いし、気付かず、知らなかった事実が…。

ブラック羽川は羽川のストレスの権化。なので羽川のストレスの原因が何か分かっており、その解消法もあると暦に宣告するブラック羽川。暦はもちろん元の羽川に戻ってもらいたいと願っていたので是非に教えてくれと頼む…んですが、帰ってきた答えは、


『このストレスはお前にゃら簡単に解決できるにゃ』


『オレのご主人……オマエのこと――』



bake_ep14_08.jpg
『好きにゃんだにゃ……』
ブラック羽川の突然の告白。羽川の秘めたる想いを告げられた暦。元に戻したい、しかし忍はいない。元に戻すのは簡単、しかしそれには羽川と恋仲にならねばならない……。

果たして暦の答えは…? というところで次回。

次回15話は最終回ということなので羽川の一連の話も終了ということになるわけですが、暦が出した答えはいつ出されるのでしょうかね(苦笑) 今話の14話も三ヶ月越しとなったのでそれ相当程度待たされるってことになりそうな予感。忍の行方。忍野の思惑。そして暦の帰りを待つひたぎ…。

気になる伏線目白押しの最終回。機体に胸膨らませて待っていましょうかねっ。



~ED~

bake_ep14_09.jpg


~次回予告~

化物語 第十五話(最終話)「つばさキャット 其ノ伍」

bake_ep14_10.jpg

忍野メメの不自然な態度の原因は、忍野忍の家出だった。八九寺、神原、千石らとともに忍を探す阿良々木だが、どうしても見つけることができない。途方にくれる阿良々木の前に現れたのは……
放送情報 | 化物語 - 西尾維新アニメプロジェクト



[関連記事]
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第十四話「つばさキャット 其ノ肆」(Web配信)
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第十二話「つばさキャット 其ノ貮」(TV版最終話)
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第十一話「つばさキャット 其ノ壹」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第十話「なでこスネイク 其ノ貮」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第九話「なでこスネイク 其ノ壹」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第八話「するがモンキー 其ノ參」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第七話「するがモンキー 其ノ貮」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第六話「するがモンキー 其ノ壹」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第五話「まよいマイマイ 其ノ參」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第四話「まよいマイマイ 其ノ貮」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第三話「まよいマイマイ 其ノ壹」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第二話「ひたぎクラブ 其ノ貮」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 化物語 第一話「ひたぎクラブ 其ノ壹」

関連記事

0 Comments

Add your comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) 化物語 第14話 「つばさキャット 其ノ肆」
  • 化物語 第六巻/つばさキャット 下【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る いきなりの配信で驚きました。WEB拍手で知らせてくださった方ありがとうございました。 というわけで久しぶりの化物語、早速感想を書いていきますかね~! *一週間のアニメを濃く熱く...
  • 2010.03.02 (Tue) 13:17 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
この記事へのトラックバック
  •  化物語 第14話「つばさキャット 其ノ肆」
  • ブラック羽川をとりあえず捕えた忍野ですが。 なんかやる気ないね、いつも以上に。 障り猫の原因はストレスですが、GWで発散して間もない...
  • 2010.02.24 (Wed) 22:00 | SERA@らくblog 3.0
この記事へのトラックバック