月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

(アニメレビュー) 11eyes 第12話 「闇夜の暁」(最終話)

(アニメレビュー) 11eyes 第12話 「闇夜の暁」(最終話)

11eyes | マーベラスエンターテイメント
動画工房 11eyes
11eyes -罪と罰と贖いの少女- - Wikipedia

11eyes_ep_12_01.jpg
主人公駆は殆ど何もしないで最終回終了。頑張ったのは美鈴&操の夢の共演タッグでした、まる。
評判がとっても宜しく無い11eyes最終回。終わってもすっきりしない黒歴史アニメに認定されました(笑)

▼アニメレビューは以下より

11eyes_ep_12_02.jpg
前回のバッドエンドもどきは駆の未来予知でしたよとどうにも説明不足で最終決戦再開。
どう考えてもこの展開はgdgd過ぎて最終回らしからぬ最後。

前回までのが夢と気づきあんな未来だったら俺が死ねばいいんだ!と、
雷切を自分の喉に突き立てる駆。
またも死亡エンドになるのか、と思いきやしぶとく生きていた駆くん。

直前にゆかが雷切を能力で消したと美鈴さんが話してくれましたが、
どう見てもあれは死亡確定です。むしろあの状態からどうやって復活したのかが気になるw

そんな駆は夢の中で懐かしき姉の菊理やゆかの姿を見ていたんですが、
そこに本人の菊理が再登場!
…ではなく菊理が持つ天使アブラクサスが菊理の姿で登場。

ここで栞から色々と平行世界や時空移動ができることが語られるんですが、
本当に今更過ぎて栞の立ち位置が色んな意味で可哀想すぎる。
原作じゃもっと重要な役回りなのになぁ。

そして再びの決戦。
そしてまたもリーゼロッテに呆気無くアイオンの眼を取られそうになる駆。
お前は学習能力無いのかとツッコミを

そんな駆を助けるべく栞&菊理のタッグがなんとかしようとしますが歯が立たない。
おまけに栞はやられ実は人形でしたよな衝撃の事実だったり、
菊理は自分の命と引換に欠片で封印できるように駆に託すことに。

このあたりの描写をもうちょっと長めに感情移入できる作りになっていれば良かったんですが、
駆け足な展開な上にgdgdすぎてなので薄っぺらい内容に(汗
まさにどうしてこうなった状態w

そして今話の見どころ美鈴さんの本気、童子切安綱が最後の最後で登場。
おまけにこれまで無かった剣を出すときの呪文も唱えまさに最終回っぽい描写。
圧倒的なリーゼロッテの力に美鈴と童子切、
そして手を貸してくれた操の二人の力でなんとか対抗。
めでたくリーゼロッテを再び封じることができましたとさ。

ぇ? 駆は何してたって? 正直殆ど何もしてませんw
美鈴たちが隙を作ってくれたおかげで封じる水晶を掲げて終了。
結局主人公らしい働きと言ったらリーゼロッテに説教垂れたぐらい?(オイ
最終回での主人公らしくない働きでした(苦笑

そして世界は平和になりましたとさ……?

平和な日常に戻っていった駆たち。
その世界では賢久や雪子などは生きているんですが、
駆たちのことは知らない間柄に。
そして菊理や栞も居ない世界。

でも空には黒い月が浮かんでいて……。

「誰の世界か分からない。でもここには安らぎがある」
「あれが未来じゃないのなら、ここの世界に明日はあるっ――」



...end



■総評

…という駆のセリフでアニメ終了お疲れ様でした。
結局よく分からん状態で終わらせてしまったアニメ11eyes。
明日はあると言いながらも空には黒い月が浮かんでいた最後。
明らかに束の間の平和~な感じで最終回となってしまいました。
唯一解決できたのはリーゼロッテを封じることができたぐらい…?

ですがこの最後の世界が誰が作った世界なのか分からないし、
そもそも『本当の世界』なんてのもあるのかと疑わしい。
駆が持つアイオンの眼が本人という証拠らしいけど、どうなんでしょ?(汗

当初言っていたように最後まで説明不足が否めずただ終えましたよな最終回。
こんなんでいいのスタッフさんと聞いてみたいところですよね。
このアニメ作るだけでもかなりのお金が動いてるってのに。
流石にアニメDVD買う人皆無なんじゃないだろうか。
最終的にはそんな心配をしてしまう11eyesのアニメ化でございましたw


PS:消化不良だからって2期とかやらないで下さいねスタッフさん?


[関連記事]
kanren_002.gif11eyes 第11話 「滅亡という選択」
kanren_002.gif11eyes 第10話 「魔女覚醒」
kanren_002.gif11eyes 第9話 「壊れた絆」
kanren_002.gif11eyes 第8話 「逢魔が時」
kanren_002.gif11eyes 第7話 「歪んだ覚醒」
kanren_002.gif11eyes 第6話 「心乱れて」
kanren_002.gif11eyes 第5話 「友と明日のために」
kanren_002.gif11eyes 第4話 「仮面の微笑」
kanren_002.gif11eyes 第3話 「孤独な誇り 〜egyedülálló büszkeség」
kanren_002.gif11eyes 第2話 「水晶の少女 egy lány -ban kristály」
kanren_002.gif11eyes 第1話 「赤い夜 Piros éjszaka」

関連記事

3 Comments

月宵">

月宵  

Re: タイトルなし

> 最近のアニメはほぼ12話で終わるし原作自体が大ボリュームだしこうなるのは仕方ないと捉えてる日和見勢
原作ぶっ壊しなアニメ化も最近はこんなもんかな程度ですけど、大半の原作が長いの一言に尽きるので致し方ない部分はありますものね。日和見が吉かも?(笑)

2017/02/05 (Sun) 15:41 | EDIT | 月宵さん">REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/01/24 (Tue) 08:23 | EDIT | REPLY |   

たぬき  

収斂

原作はやたら長くて、登場人物も多いので時間的制約が多かったと思います。アニメのスタッフに剣技マナ氏(Lass社長)やLEGIOん氏(原作シナリオ)が加わっているので・・・原作や協力よりは積極的に動いたと思います。オーディオコメンタリーでもいろいろ触れられていますね。エ○話満載ですが・・・
ゆかのヤンデレぶりは困ったもんですがやっぱりかわいいです。

2011/09/11 (Sun) 17:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  11eyes第12話(最終回)『闇夜の暁~a sotet hajnal』の感想レビュー
  • 先週のラストからどうやって締めに来るのかと思っていたら、そう来たか!という感じの最終回になりましたね。 今まで扱いの少なかった栞と菊理の見せ場が、強引ながらちゃんとあるのも良い感じでした。 ぶっちゃけ、先週のエピソードはアイオンの眼の力が見せた未来視オ?...
  • 2009.12.24 (Thu) 21:11 | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)