月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

(アニメレビュー) 11eyes 第11話 「滅亡という選択」

(アニメレビュー) 11eyes 第11話 「滅亡という選択」

11eyes | マーベラスエンターテイメント
動画工房 11eyes
11eyes -罪と罰と贖いの少女- - Wikipedia

11eyes_ep_11_01.jpg
まさかの主人公死亡&世界滅亡ENDに開いた口がふさがりません。本当にありがとうございました。

▼アニメレビューは以下より

11eyes_ep_11_02.jpg
今話はのっけからもう何がなにやらツッコミ満載な回でありました(笑

リーゼロッテを復活させようと水晶から助けたゆかがいきなり殺されたり

復活したリーゼロッテと戦うため、栞、操、そして大怪獣(ドラゴン)に変身したアワリティアが協力して戦うことになるんですが為す術も無く討死しちゃったり、

リーゼロッテを倒すためにと美鈴とまぐわったのに最後はゆか(リーゼロッテ)に刺されて駆が殺されちゃったり、

そして結局以前ゆかが言っていたような「二人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ」な滅亡ENDで終了(苦笑

11eyes_ep_11_03.jpg
一応次回まで続くらしく、ゆか(リーゼロッテ)が世界を滅亡させたかに見えましたが最後の瞬間に駆が出現。ゆかの姿をアイオンの眼で捉えながら「違う!」と叫んで今話は終了。

これが現実世界なのかそれともゆかが作った平行世界なのか分かりませんが、何にしても死亡フラグどころか思いっきり死んだ駆が実は生きていて?世界を救うみたいな話になりそうです。

最終的には原作と同じ結果にはなりそうですが、今話ほど原作改悪な回だと思ったことは無いです。特に今話は最初から最後まで「おいおいそりゃないだろ」とツッコミ入れたくなるぐらいオカシナ展開ばかり。

おまけに取ってつけたような美鈴とのまぐわいが全く意味のない死亡フラグになっていたり、本来なら重要な役回りがある栞が完全に空気と化していたり、一番なのはゆかが真っ黒すぎていたり、もう本当にありがとうございましたと声高らかに言いたくなった、そんなアニメ化でございました。

あとアニメを見て改めて思ったんですが説明不足なのが否めないこと。
アワリティアや栞の禁書目録聖教の話や内容、駆たちの虚無の欠片の意味、そしてアイオンの眼の最大の意味などなど、挙げたらそれこそかなりあるんですが原作知らない人って理解できてるのか甚だ疑問。むしろ原作やっているのにいまいち内容がイミフなところがいっぱいある私に誰か教えてやってくださいw

次回はせめて納得できるような回にしてもらいたい。それだけが私の望みです(笑


PS:美鈴とまぐわっていた駆が「これは儀式だ。ゆかを裏切ったわけじゃない」と言い訳すぎた件


~次回予告~

11eyes 第12話 「滅亡という選択」

11eyes_ep_11_04.jpg


[関連情報]
今日もやられやく 『11eyes-イレブンアイズ-』第11話でセクロス→主人公死亡

[関連記事]
kanren_002.gif11eyes 第10話 「魔女覚醒」
kanren_002.gif11eyes 第9話 「壊れた絆」
kanren_002.gif11eyes 第8話 「逢魔が時」
kanren_002.gif11eyes 第7話 「歪んだ覚醒」
kanren_002.gif11eyes 第6話 「心乱れて」
kanren_002.gif11eyes 第5話 「友と明日のために」
kanren_002.gif11eyes 第4話 「仮面の微笑」
kanren_002.gif11eyes 第3話 「孤独な誇り 〜egyedülálló büszkeség」
kanren_002.gif11eyes 第2話 「水晶の少女 egy lány -ban kristály」
kanren_002.gif11eyes 第1話 「赤い夜 Piros éjszaka」

関連記事

0 Comments

Add your comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  11eyes 第11話「滅亡という選択」
  • いわるゆる一つの全滅エンドですね(^^; 復活のリーゼロッテはまずは、ゆかを餌食に。 黒騎士はこれ以上の欠片を奪われないために駆らを...
  • 2009.12.17 (Thu) 23:12 | SERA@らくblog 3.0
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック