月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

(アニメレビュー) 11eyes 第3話 「孤独な誇り 〜egyedülálló büszkeség」

(アニメレビュー) 11eyes 第3話 「孤独な誇り 〜egyedülálló büszkeség」

11eyes | マーベラスエンターテイメント
動画工房 11eyes
11eyes -罪と罰と贖いの少女- - Wikipedia


11eyes_ep_03_04.jpg
今話の見せ場は……なんだろう?(苦笑)
美鈴先輩の力と過去の話。また、駆たちの物語に関わってくる新たなる仲間。そして謎の黒騎士たち。
まだまだ物語は始まったばかりなので盛り上がりに欠けるのですが、今後の展開としての布石にはなっていると思うので、その辺りに期待しながら見ていこうかなと。

ということで詳しくは続きをどぞー。




▼「11eyes」レビューは以下より



11eyes_ep_03_01.jpg
11eyes_ep_03_02.jpg
「俺に剣術を教えてください!」

日常へと帰った駆たちですが、空には今までに無かった不気味な黒い月。そして駆が見た今は亡き姉と同じ顔の少女が残した「悪魔を目覚めさせた」という言葉。そして大切な幼なじみであるゆかを守るため、駆は陰陽師であり剣を片手に戦う美鈴先輩に剣術の指南を申し出るのですが、一朝一夕でどうにかなるものでもないのか断る美鈴。

そんな傍ら、駆たちを静かに見つめる栞。未だに彼女の動向や言動が謎めいているのは仕方ないとは思うのですが、こうあからさまだとちょっとわざとらしすぎる感が(汗)

またアルバイターの雪子が気にする男子生徒の姿も。まだ名前も出てきませんが彼もまた重要人物。そろそろ彼の生き様を見せてもらいたいものですw

そんな中、美鈴に断られたことで一人素振りをする駆。このような展開だと必ずと言っていいほど主人公は一人で練習⇒幼なじみが心配そうに見守る、なんて展開はありきたりかと思いますがまぁこんなものか。美鈴に「隠された力がある」と言われれば黙ってないのが主人公ですし(苦笑)

その姿に心打たれたのか、美鈴は自宅へと駆たちを招き、自身の陰陽師の力の一端を見せることに。


11eyes_ep_03_03.jpg
11eyes_ep_03_04.jpg
「宝刀を力あるものに継承させるため血縁者同士で真剣による試合を行い、その勝者に刀を一人一振りずつ託してきた」

漸くここで美鈴が持つ不思議な力、以前見せた稲妻のような刀などが語られます。
美鈴曰くこれら全ての剣は一人一振りということですが、真剣勝負を全て勝ってきて全ての刀を手に入れるほどの実力を彼女は持っていました……が、それ故に親族に狙われている状態であるという。

出る杭は打たれる、というよりも、力あるものの定めみたいなものでしょうかね。実は彼女にも色々と事情があるのですが、流石にそこまでは語りませんでした。今のところは自分の刀と力をまさに垣間見せたというところか。

ちなみに原作だとカッコいい詠唱をして剣を取り出す……んですが、アニメでは殆ど見られないのが残念。あれがあるから美鈴さんはかっこよくなるのになぁ。勿体無い。

あと美鈴先輩の宝刀についてワカラナイ人のために一応説明っぽいもの↓

草壁五宝

草壁一族に伝わる5振りの宝刀。元々は草壁七剣であったが、破門された際に草壁操が鬼切、蜘蛛切を持ち出したため、五宝になっている。本来は一族の中でも1本につき1人、計5人の継承者が存在していたが、現在は美鈴が5振り全てを所有している。

小烏丸天国

桓武天皇の時代、八尺余りある大鴉によってもたらされた宝刀。妖力を蓄積することができ、これを開放することで絶大な威力を放つ。最も、美鈴が愛用する刀である。嘗ては平家一族の家宝であった。
火車切広光
火車を切ったといわれる上杉謙信の愛刀。三尺を越える大太刀。呪を唱えることで、刃に炎を帯びさせ、奥義・火天墜衝を放つ。

雷切

立花道雪が雷を斬ったと伝えられる日本刀。電撃を放つ刀として、遠近両用に使える。後に、駆がたびたび使用することになる。
(アニメで美鈴が使われていたのはこの刀です)

鉋切長光

近江の堅田又五郎が、大工に化けた妖怪を鉋ごと斬ったことから名付けられた刀。刀の長さが変形可能で、柄には暗器が隠されている特殊な刀。陰の一閃。

真打・童子切安綱

大原安綱の大傑作で天下五剣の一つ。使い手の血肉を糧にして力を発揮する草壁五宝最強の妖刀。奥義は鬼牙絶刀。

参照:「草壁五宝」 11eyes -罪と罰と贖いの少女- - Wikipedia




11eyes_ep_03_05.jpg
そして駆の秘めたる可能性と彼の意気込みを見て剣術を教える美鈴。まずは蝋燭の火を刀で振りぬけ消さないようにすること。もちろん今までそんな刀なんぞ扱ったこともないので出来るはずも無い駆くん。

一方、またも空気を読まずに美鈴が語りたくなかった話を聞こうとするゆか。それは最後の刀を手に入れるために父親を斬ったことでした。また草壁一族の歴史上最強の女陰陽師であり、禁忌に手を染めた「草壁操(みさお)」に執着していること。目標でもあり、追い求めていたこと人物であると美鈴は語ります。

「あちらで会えるかもしれない」と語る美鈴は色々と知っているようですが……。


そんな美鈴の過去をゆかに語っているとき、いつまで経っても火を消してしまい結果が追いつかない駆は業を煮やし実践で戦って欲しいと懇願。美鈴にはまだ早いと言われ焦る駆くんでしたが、そんな時に限って訪れるは……「赤い夜」の前触れ。


11eyes_ep_03_06.jpg
11eyes_ep_03_07.jpg

駆の眼帯の眼が光り「赤い夜」へと落とされる駆たち。
そこに現れたのは毎度の如く異形の怪物と、黒騎士と呼ぶ戦士たち。

しかし彼らは言う「自分達はかつて人の身であった」という驚きの事実。

駆たちを”欠片”と呼び、あの水晶の塔でリゼットを捕らえている彼ら。目的などはまだ何も分かりません。なぜ人の身で、と美鈴は問いかけますが、問答無用で襲い掛かってくる黒騎士たち。

黒騎士二人では守りきれないと判断したのか、美鈴は巨人のような黒騎士だけは抑え駆たちを逃がそうとする……のですが、逃げた駆とゆかを仕留めようとあとを追う格闘風の黒騎士。


11eyes_ep_03_18.jpg
11eyes_ep_03_19.jpg

格闘黒騎士から逃れるために止めてあった車で息を潜める駆とゆか。なんの音沙汰もないようで去って行ったか……と思いましたが、

お約束の如く見つかる駆たち(笑)

隠れている車ごと投げられ絶体絶命の二人。ここでなにもできぬまま殺されるのかと思った、

その時っ!!


11eyes_ep_03_10.jpg

突如として黒騎士に襲い掛かった一本の鎖。また二本の鎖は車を持ち上げそれで叩き潰そうと黒騎士に襲い掛かります。

いきなりの攻撃に不利と判断したのか黒い渦でその場を去る黒騎士。


11eyes_ep_03_12.jpg

一方、もう一体の黒騎士を足止めをしていた美鈴。巨体とその体に合った大柄な武器の前では美鈴も苦戦し彼女もやられるかと思いましたが、そんな時に一振りの剣が黒騎士の背中に刺さり、動きが止まったところを美鈴が一閃。見事初の黒騎士撃退と相成りました。

そんな美鈴を助けたのは、美鈴らと同じ女子の制服を着込んだ人物。
果たして彼女の正体とは誰なのか……?


11eyes_ep_03_13.jpg
「――っ、菊、理……姉さん……?」

そして駆とゆかを助けたのは……かつての駆の姉、「皐月 菊理」と瓜二つの少女だった――。


11eyes_ep_03_15.jpg

そして美鈴の家で眼を覚ました駆。また例に漏れず「赤い夜」を迎えてから見る謎の夢。
今回の夢では”謎の男の黄金の眼”を見ることになるのですが……。

しかし驚くのはそれだけではありませんでした、気がついた駆とゆかの前に、美鈴が新しい仲間として紹介されて出てきたのは、


喫茶店の新しいアルバイト、雪子の姿だった――。


というところで今話終了。

う~む。なんだかアニメの展開が原作と結構違うような気がしてならない。というよりも原作自体が結構前の作品なので忘れている部分もあるかと思いますが、美鈴を助けた女子生徒や、最後の菊理が登場のシーンが原作と違うような記憶が……。

まぁ原作と同じようにやっていたんじゃ1クールで収まりつかないでしょうから、アニメオリジナルの展開にしているのは分かりますけどね。

ただあまりにもあっさり風味というか、とてつもなく行き当たりばったり感が否めない。どうもこの手のアニメはダメに作られるような気がしてならなくなりました(苦笑) FateとかFateとかFateとk(ry



ぁ、そうそう、これ見よがしに魅せるゆかのパンツもちょっとどうなんだろうって気がしてきたw


11eyes_ep_03_14.jpg
駆が剣の練習をしている時の、ゆかと美鈴。
美鈴先輩は絶対領域宜しく戦闘時も見せないほどのガードの高さですが、
ゆかはヒロインというよりパンツ要員なのかと言わんばかりのゆるっぷり(笑)

1話目からずっとパンツ見せてきた彼女が今後も絶えず見せる絵になること。きっとそれが彼女の存在意義なんでしょうw(ぇ



~次回予告~

11eyes 第4話 「仮面の微笑」

11eyes_ep_03_16.jpg

次回はついに明かされる新参戦の雪子の戦闘です!
個人的に美鈴さんのカッコいい剣士の姿も好きなんですが、雪子の(禁則事項)な戦闘スタイルと、(禁則事項)な彼女の(禁則事項)も結構好きなんですよw

美鈴さんの力の一端は見れましたが、アニメで雪子の戦う姿はどう描いていくのか楽しみです♪ 正直言うともうちょっと美鈴さんのカッコいい姿、というよりも陰陽師というものを前面に出して欲しいところですが、その辺りも踏まえて次回に期待。



[関連記事]
kanren_002.gif(アニメレビュー) 11eyes 第2話 「水晶の少女 egy lány -ban kristály」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 11eyes 第1話 「赤い夜 Piros éjszaka」

関連記事

0 Comments

Add your comment