月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第十二幕「狼ととめどなき涙」(最終幕)

(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第十二幕「狼ととめどなき涙」(最終幕)


狼と香辛料II Official web site
狼と香辛料 - Wikipedia


狼と香辛料Ⅱ第十二幕「狼ととめどなき涙」(最終幕)

ookami2_ep12_00.jpg

~あらすじ~

暴動で混乱に陥ったレノスの町の裏側で、商人同士の商戦も勃発していた。それを勝ち抜くべく奔走するエーブとロレンス。しかし、商人の誉れである莫大な利益を目前にして、ロレンスの胸には一抹の不安と迷いがあった。傍らのホロはそれに感づくのだが…。


ホロ「――きっと神など居らんのじゃ。ぬしらの言う全知全能の神が居るのなら・・・」

「どうしてわっちらが苦しむのをじっと眺めておるのじゃろうな――」


町で起こった武装蜂起。一攫千金を狙うロレンスとエーブの企みは瞬く間に困難を極め、大金を掴んだとしてもかなり厳しい状況へとなってしまいました。しかもロレンスが掴んだエーブのとある企みによって二人の商談も・・・。

ロレンスの決意…、
ホロの痛む涙・・・、


今話で涙の最終回!!

詳しくは続きをどぞ。





「狼と香辛料Ⅱ」のレビューは以下より



ookami2_ep12_01.jpg
ookami2_ep12_02.jpg

「俺が取引に成功したら、一角の商人になれる。お前は祝福の言葉と共に別れを告げる。俺が取引に失敗すればお前は売られることなどもってのほかと、狼の姿に戻り賢狼の連れに相応しくない俺に見切りをつけ故郷に帰る・・・。」

「そう、お前と旅を続けられる可能性は、"この取引を全て放り出したとき"にしか生じない」


「50人会議」の決定に不満を持つ町の毛皮商人や、その毛皮を加工するための職人らの武装蜂起は、毛皮で一攫千金を狙うロレンスやエーブの商談が白紙になるかと思いましたが、ホロの身売りとしての銀貨2000枚は確かにあるため、上手く立ち回れば一角の商人になるほどの儲けができる・・・ということになりましたが、

取引成立 = ホロとの別れ

は最早決定事項というロレンス。銀貨2000枚という大金を目の前にして商人としての大きな欲望が渦巻いて居そうですが、ロレンスにはまだまだ不安要素がありました。


それが――エーブの石造取引の裏。


ookami2_ep12_03.jpg
ookami2_ep12_04.jpg
ookami2_ep12_05.jpg

エーブが主にやっていた石造の取引は、実は石でのモノではなく――岩塩で出来た表向きは石造取引なれど、裏は塩の密輸取引だったのです。

しかも今回の毛皮取引の裏にはもう一つ。

この町の商人に毛皮を買い占められるくらいなら自分達で毛皮を買い占めてやろう

という魂胆。
おまけに岩塩で少しずつ儲けた金でロレンスをも、そして自分をも顧みないほどの取引をしようとしていたエーブ。

自身も嘆いたように語っていましたが、結局エーブは嫌っていた商人と同じ末路を選んび、それでも尚その道しかないように進んでいく彼女の行動は、商人らしいと言えばそうですが、壊れていると称してもいいぐらい、商売というものに染まっているように感じました。


そんなエーブとは違い、商人という身で見る夢もありながら、ホロと一緒に旅を続けていくという感情も持ち合わせているロレンス。


ookami2_ep12_06.jpg
ookami2_ep12_07.jpg
ookami2_ep12_08.jpg

エーブにホロの身売りである銀貨2000枚を奪われ、商人であるが故の夢を諦め舞い戻ったことに不満と恐れを抱いたホロ。思わずロレンスにテンプル撃ちを噛ましちゃいます(苦笑) しかしエーブのささやかな褒美と言わんばかりの、あの宿屋の権利書だけは手に入れたので、今回は夢を諦めずとも、ホロの身柄だけは救われたという結果に。

「俺は――お前が好きなんだ・・・」
「・・・戯けぇ」

夢を諦め舞い戻った所にホロに殴られても、好きだと静かに告白するロレンス。なんというか、この場面を見れただけでももうお腹いっぱいな感じがしてならないのはなぜだろうか(苦笑)


結局は夢は一時的に諦め、ホロを選んだロレンス



ookami2_ep12_09.jpg
ookami2_ep12_10.jpg
ookami2_ep12_11.jpg
ookami2_ep12_12.jpg


と、お金持ち逃げされたけどこれからも二人で頑張るよ! ってところで終了。
最後の最後までホロッホロなお二人で終了とは、1期と同じようで違う終わり方ってのもなんだか二人らしいって感じが(苦笑) でもこれで終わりってのがイマイチ実感できないのが困るところ。

銀貨2000枚という大金と、夢にまで見た自分の店というモノまで失ったロレンスですが、今までを顧みるとトラブル続きな上に殆ど儲けてないですよね。二人で豪勢な食事や酒をガブ飲みできるほどの儲けはあるんでしょうが、結局のところをそれは旅をする上での必要最低限な儲けしかできてないってことですし。まぁ目的がホロを故郷に帰すということですからいいと言えばいいんですが。

ところでここまでの話数では原作で言うとどこ辺りになるんですかね?ってことで調べてみたらまだ5巻目ほどっぽいですな(wiki参照)。というか2期で漸く5巻目ってまだ既刊されている中の半分にもいってないとは驚きでした。もっと物語は進んでいると思ってたのにこれは意外。

さて、中途半端感をたっぷりと残して「狼と香辛料Ⅱ」も終わってしまったわけですが…、


1期、2期とこれまでやってきたのでもちろん3期も期待していいんですよねっ!?

もちろん3期は今まで以上の甘っ甘な上でのホロッホロな旅になるんですよねっ!?

今回の「俺達の旅はまだ始まったばかりだZE!」(完)で終わらせることなんて無いですよねっ!?



[関連記事]
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第十一幕「狼と別れの決意」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第十幕「狼と孤独な微笑み」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第九幕「狼と無謀な商談」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第八幕「狼と蠱惑的な旅人」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第七幕「狼と戯れの日々」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第六幕「狼と信ずべき神」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第五幕「狼と希望と絶望」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第四幕「狼と浅知恵の末路」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第三幕「狼と埋まらない溝」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第二幕「狼と嵐の前の静寂」
kanren_002.gif(アニメレビュー) 狼と香辛料Ⅱ第一幕「狼とふとした亀裂」



関連記事

0 Comments

Add your comment

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  狼と香辛料II 第12話「狼ととめどなき涙」(最終回)
  • 結局… ニヤニヤのほうを取ったということですね。(^_^;) 「俺はお前が好きなんだ」 このときのホロちゃんのしっぽがо(ж>▽<)y ☆ 「ぬしに惚れたら困りんす」 もう勝手にやってくれwww 商人としてはロレンス甘ちゃんだよなあ… エーブの手?...
  • 2009.09.26 (Sat) 13:09 | のらりんクロッキー
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) 狼と香辛料II 第12話 「狼ととめどなき涙」
  • 狼と香辛料II【3】 [Blu-ray]クチコミを見る 暴動で混乱に陥ったレノスの町の裏側で、商人同士の商戦も勃発していた。それを勝ち抜くべく奔走するエーブとロレンス。しかし、商人の誉れである莫大な利益を目前にして、ロレンスの胸には一抹の不安と迷いがあった。傍らの?...
  • 2009.09.26 (Sat) 08:22 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
この記事へのトラックバック