月を見上げる丘

独断と偏見による私的廃屋。只今微復活中。

Kanon第14話レビュー♪

 今話の冒頭ではイキナリの謎ジャム攻撃www 祐一と名雪は相変わらずの骨髄反射で「ごちそう様」をしなんとか逃げられたが、今話での初謎ジャムに居候中のあゆは「綺麗な色ー。おいしそー♪」と言って好感触w


 という感じで始まりました今話の

 Kanon 第14話
  「ひびわれた協奏曲 ~concerto~」



 いきなりの展開から恐怖感爆発ですがはたしてどうなることやらwww それでは続きが気になる方はクリックでどぞ♪

 kanon_ep14_01.jpg
 秋子「私の特製のジャム♪」ズキューンと不協和音付きw)

 寝ぼけていた名雪や昨晩の事を思い返していた祐一はさっさと支度をして学校へ。あゆはそんな二人の様子を不思議そうに見ている間後ろではグチャリと音を鳴らしながらパンに謎ジャムをこれでもかと塗る秋子さんw ある意味秋子さん鬼やwww

 登校途中、以前祐一が名雪に頼んでいた女の子を可愛く見せる方法を名雪が提示。それは、

 kanon_ep14_02.jpg
 ついに登場ウサ耳
 kanon_ep14_03.jpg
 なぜか付ける祐一www
 おまけに後ろに居た主婦に笑われる、というか不振がられる始末www 祐一はこんなんで効果あるのか?と言わんばかりの顔で頭から外した、まさにその時・・・!?

 kanon_ep14_04.jpg

 昔のことを思い出しかけた祐一。しかし零れ落ちた水のように儚く消えてしまい、どんな事だったのか結局分からない祐一・・・。



 昼休み。いつもの踊り場へと行くと舞しか居らず、聞くと佐祐理は日直だという。祐一は暇なのでしりとりをしようかと提案。すると「しりとりのから」と、いつも無口な舞はなぜか乗り気w しかし実際にやってみると舞は動物の名前に必ず「○○さん」と付けてしまいあっけなく負ける始末www 日直の仕事を終えた佐祐理に聞くと「舞はしりとりが大好きなんですが弱いんです」とwww




 放課後。久々の名雪お決まりセリフ「放課後だよ」を聞いた祐一は部活が俺を呼んでるぜ!と言い屋上へ。昨晩魔物が狙っているのは自分だと舞に言われ鍛錬する祐一。と、気配を感じ後ろを振り返るとそこには舞が。

 kanon_ep14_05.jpg

 舞は何も語らずだが祐一は実践訓練をしてくれるのかと察知。持っている木刀を構えようとしたその時・・!!

 kanon_ep14_06.jpg
 連打の如く切りかかってくる舞
 祐一はなんとか防ぐのに精一杯。ここぞとばかりに攻撃してくる舞に応戦しようと突撃するが・・・祐一の必死の攻撃をサラリと舞はかわし、

 kanon_ep14_07.jpg
 努力も空しく撃沈www
 おまけに手加減する必要はなさそうだっと負け惜しみを言う祐一w 再度攻撃するがなんなく避けられ「遅すぎ」と舞に言われる始末w 舞曰く、

 舞「祐一は自分が弱い事を分かっていない。それが分かればどう動けばいいのか分かるはず」

 との事。早速祐一は避けるのに集中しなんとか舞と刃を合わせられるように。


 丁度その時屋上に佐祐理登場。舞と祐一がチャンバラごっこをしていると勘違いし「私もやらせて下さい♪」と。

  kanon_ep14_08.jpg

 しかしそれには祐一、舞も遊びではなく本気だと説明。しかし佐祐理は引き下がらず祐一の持っていた木刀を掲げ舞と対峙、祐一の制止も聞かず舞に向かっていき軽くあしらわれてしまう。「邪魔かな私・・」という佐祐理の言葉に躊躇せず邪魔と答える舞。それには少々驚きを隠せない佐祐理だがここに居ても邪魔になるだけと思ったのか舞と祐一に謝り走り去ってしまう。祐一は舞を咎めようとするが佐祐理の事を好きだから争いから遠ざけようとする舞の心を察知し呆れてしまう。




 祐一帰宅途中、佐祐理と遭遇。喫茶店で休みながら話をしていると佐祐理は祐一や舞が何か秘密にしている、何かをやっている事を察知しているがあえて自分からは聞かないという。佐祐理さん健気やね(´・ω・`)
 祐一はなぜそんなにもお姉さんのように舞を気にかけているんだと質問。佐祐理はそんな祐一の言葉に、

 佐祐理「助けられたのは私のほうです。それに私は本当にお姉さんだったこともあるんですよ――ずっと昔に」

 と・・・。





 ――父は子供を甘やかすことなく行儀のいい子に育つよう躾ました。私も父を見習い弟に厳しく接するようになりました。本当は泣いている和也の頭を撫でてあげたかったんですけど厳しく接するほうが和也のためだと信じていました。
 ――和也は発育の遅い子で幼稚園に入っても言葉を喋らなかったし滅多に笑う事もありませんでした。


 kanon_ep14_09.jpg

 ――和也の病気は良くならず、そんな和也のために一度だけ悪い子になって和也と遊ぼうと。

 kanon_ep14_10.jpg

 kanon_ep14_11.jpg

 お菓子を食べて水鉄砲で遊んで、病気が治ったらもっと遊ぼうねと。

 kanon_ep14_12.jpg
 佐祐理「ホントは和也の事大好きなんだよ」

 kanon_ep14_13.jpg

 ――でも、これが最初で最後の和也との遊びで、自分を名前で呼ぶようになったのはそれからです。自分のことを客観的にしか見られず、笑うこともしなくなりました・・・。




 笑えるようになったのは舞と出会ってからで救われたのは自分だと言う佐祐理。(この時佐祐理さんは自分の左手首を隠す仕草をしたんですがやっぱりあれなんでしょうかね・・・

 時刻も遅くなり佐祐理はこれから舞のために料理を作るというので一旦帰宅すると。祐一はそんな佐祐理に支度ができたら電話してくれと頼む。


 帰宅するとあゆの出迎え。朝の謎ジャムのことを聞くと「あれは人の食べ物じゃないような・・・」と震えながら言うあゆwww 食べた人間全員がそんな感想なのになんで秋子さんは無事なのかと不思議になりますねwww



 佐祐理の電話を待っている祐一だが時刻はもう夕食時。舞が学校に行ってしまう時間に近いので祐一は舞に会うため学校へ。しかし出かけた直後佐祐理から電話が・・・。
 祐一は自分が出かけたため家の電話に出ないと自分と舞のしている事を知っている佐祐理が学校に来るかもしれないと予感し急いで学校へ・・。

 しかし、

   そこには・・・、


 kanon_ep14_14.jpg

 kanon_ep14_15.jpg

 傷ついた佐祐理の姿が・・・・・。



 即座に病院に搬送し医師に聞くと命には別状ないが当分は入院の必要があると。警察沙汰になるのを嫌がった祐一と舞は佐祐理を医者に任せ病院を出る。祐一は佐祐理が気づいていた事を悔やんでいるとき舞は半狂乱になりながら周りに在るものを剣で全てを破壊せんと暴れまわる。「自分だけのうのうと傷つかずにいつも周りだけ傷ついていく」と自分をも切りつけようとする舞を祐一は必死に止める。

 kanon_ep14_16.jpg
 祐一「全てを傷つけて全てを失いたいのかっ」

 祐一は佐祐理の仇と言わんばかりに全ての決着を付けると言い学校へと赴く。しかし魔物と対峙した祐一と舞は以前と同じく廊下での挟撃を受けてしまう・・・。


 ...そしてEDへ




■総評
 今話では重要要素としては佐祐理さんの昔話と冒頭で祐一が思い出した昔の記憶でしょうかね。佐祐理がなぜ舞を気にかけるのか、自分の弟と重なっている舞と一緒にいようと決意した佐祐理さんは芯の強い女性だと今話で思い知らされたと言ってもいいでしょうねw というか私は佐祐理さんの昔話でかなり涙腺をやられましたよwww

 次回予告では、

 kanon_ep14_17.jpg
 巨大な魔物と対峙する祐一


 そして、

 kanon_ep14_18.jpg
 舞「――ずっと昔、一人だけ友達がいた。――でも、その子も私から逃げた」




 次回

 Kanon 第15話
  「かくれんぼの小奏鳴曲 ~sonatine~」



 舞の昔とは?魔物との決着は?


 次回も見逃さずにっ!!!



 それではまた来週に♪
 (。・ω・)ノシ グットナイト♪


   ↓↓↓↓ 恵まれないブログに1クリックを ↓↓↓↓

      ブログランクFC2 Blog Ranking

      最強人気ブログランキング最強人気ブログランキング

      人気ブログランキング人気ブログランキング



関連記事

3 Comments

管理人  

右に同じく京アニの作りはレベル高杉ですよねw 面白さ、ツッコミ度w、そして泣ける場面所、京アニ様様って感じですよねwww

流石は年齢不詳の秋子さんって感じですかねw 特に人外魔境なジャム作るところなんか(蹴www

2007/01/08 (Mon) 23:38 | EDIT | REPLY |   

鯖煮込み  

たまらんすw

京アニがどんだけクォリティ高いねん!
そしてどんだけ泣かせるのかと!

秋子さんのジャムクォリティはガチ

2007/01/08 (Mon) 22:17 | EDIT | REPLY |   

クチコミ探偵団  

あけましておめでとうございます

月を見上げる丘 様

あけましておめでとうございます。
突然の書き込みで失礼します、クチコミ探偵団と申します。
大好きな漫画・アニメの話題があったのでやってきました。

この度新しいサイトを作成しました。
クチコミ探偵団は、マスコミやメーカーの意見ではなく、
実際に見たり、使われたり、プレイしたりした人のクチコミ
意見によって、商品を見ていこうというサイトです。
是非、登録(無料)して、書き込んでやってください。

クチコミ形式でレビュー・感想を書いて頂く事によってこちら
のサイトにリンクが張られ、アクセスアップにも役立つことと
思います。

またクチコミ探偵団はSEO業者さんと提携していますので
クチコミ探偵団のページにリンクを貼って頂く事で、SEO
業者さんを通してこちらのサイトを各種検索エンジンに登録
させて頂きます。

そうすることによって多少は検索エンジンに上位表示され
やすくなります。
そして上位表示されやすくなったこちらのサイトからリンク
を貼って頂けてるクチコミ探偵団は以前よりもっと上位表示
されやすくなるという、まさにWIN-WINの関係が築ける
ものと思っております。

何卒ご検討の上、書き込んで頂ければと思っております。

クチコミ探偵団
http://kuchikomi.in/

2007/01/06 (Sat) 01:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  レビュー・評価:Kanon/第14話 「ひびわれた協奏曲~concerto~」
  • 品質評価 48 / 萌え評価 26 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 59 / お色気評価 5 / 総合評価 29レビュー数 89 件 舞とともに魔物と戦いはじめた祐一。舞の誕生日前日、いつものように夜の校舎で戦う二人だが、舞が「魔物が狙っているのは自分ではなく祐一だ」と
  • 2007.09.12 (Wed) 02:24 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 ~concerto~」
  • Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2007年 02月号 [雑誌]魔物は祐一を狙っている・・・舞の言葉が頭から離れない祐一。翌日、その理由を舞へ問うと彼女は「祐一がきてから魔物がざわめくようになった」と、そう答えるのでした・・・。
  • 2007.01.08 (Mon) 00:39 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
この記事へのトラックバック
  •  『Kanon』第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」
  •  前回とは対照的にアットホームな朝食の場面から舞台は始まります。ストーリーは今回で完全に舞ルートに突入したので名雪の出番は序盤にしかありません。「くー」「ちなみににんじんだってちゃんと食べられるよ」
  • 2007.01.06 (Sat) 22:25 | Moon of Samurai
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲~concerto~」
  • Saint Octoberを見た後だと一層面白く見られますね。ただ、今まで京アニ作品が放送されればそれがそのクールのメインになるのが決定だった。それがこの作品はギアスが同クールにあるお陰で今ひとつ地味な印象。良くも
  • 2007.01.06 (Sat) 01:12 | angel notes.
この記事へのトラックバック
  •  Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」
  • 脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志サブタイの「協奏曲」とは、独奏楽器と管弦楽によって演奏される器楽曲の事。
  • 2007.01.06 (Sat) 00:32 | AGAS~アーガス~
この記事へのトラックバック
  •  Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」
  •  きょ…協奏曲っていう形式はですね、ど…独奏楽器とそれを支えるオケとが織りなす、主に3楽章からなるがk…楽曲でっ、独奏楽器のしゅ類によって、ピアにょのための協奏曲とか、フルっ…トのためのきょ…佐「一弥のこと、本当は、大好きなんだよっ」 ぐはぁぁっ!!
  • 2007.01.06 (Sat) 00:23 | Old Dancer's BLOG